今週土曜から私のペースが変わります。

約5年ぶりに医療事務の仕事します。
医師助手はせず医療事務に専念というのは初めてかもしれません。

一昨日は電話で問い合わせたらば面接をとなり、昨日、面接で院長と上司となる方と細々と打ち合わせしたらば条件が合いまして仕事をする事になりました。

職場となる診療所は自転車で20分、電車でも20分という場所でも、地元です。

診療科目は内科・精神科・心療内科となりまして、新しく学ぶ事も増えそうです。

内科・外科・リハビリ・救急・介護・検査などの資料を久々に取り出し、本棚をみては、占いや鑑定関連の資料もあって…。
精神医療の現場に勤務する薬剤師の弟から資料を借りて、医療系の話をしては勉強会の資料をまとめる事になりと、鑑定時間も変更が生じます。

しかし、何で仕事を?占い師の仕事で良いじゃないか?と思われるのは常でして。

機械製図やCADをはじめ、モノづくりの仕事したいけど経験が少ないならば、街に出てネタを探しにいく。

何よりも、鑑定において苦い思いもしたのだけど、現実をみるには街に出てみる。

不思議と鑑定した方々と遭遇もあります。

現実をみるには、他業種で動いてみる。

それに、他業種の仕事を通じては、自分の学びも多くなり探究心が刺激されます。

新しいことばかりでも、最善を尽くしていきます。