生涯閉じるまで
多種多様な生命と可能性を
決して忘れない

ソラとイチ